Kichize Diary

鍛錬

2人の自分がいる。

 

自分に指令を出す自分。

実際に動いている自分。

 

指令を出す自分はどうすれば良いかをよくわかっている。

実際に動く自分は少し怠け者である。

 

指令を出す自分は、実際に動く自分を叱咤激励しながら理想へと近づけていく。

実際に動く自分は、なかなか言うことを聞かない。

 

めげずに叱咤激励するのである。

そうすれば見事な体を手に入れることができる。

 

数年後、自分に指令を出す自分が人生に迷うときが来る。

自分の判断に自信がなくなるときが来る。

 

その時叱咤激励してくれるのは、実際に動いてきた自分である。

実際に動いてきた自分は、叱咤激励されたことを忘れない。

 

「お前ならやれる」

と言ってくれるのは過去の自分だけである。

 

今は未来で過去になる。

2017.12.5

結果

最善の方法を事前にリサーチして、これだと思う方法を決め、取り組む。

妥協したらその分結果に反映することがわかっているから徹底してやり抜く。

 

最善の方法を考え抜く力。

考えた自分を信じてやり抜く力。

 

結果が出せる人間は、結果を出す。

2017.12.1

確信

今やっていることが本当に正解なのか

この痛みが成功につながるというのは本当なのか

多くの者が半信半疑だから途中で辞める。

 

信じる者が勝つ。

2017.11.30

敵は己だと自覚した時に次のステージが待っている。

敵が敵だと思っている君は甘い。

2017.11.28